FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スレイヤーズ!

スレイヤーズ!

 なんとなく、ブログを開設したらやろうと思っていたこと。本の感想なるものを書いてみたい。
 ということでやってみた。

 今回読んだのは、神坂 一先生の作品『スレイヤーズ!』です。

 買ったのは、大学の最初の頃だったと思います。あの頃はなんか唐突にライトのベルが読みたくなった時期でした。
 というか実は大学入るまでライトノベルの存在自体知らなかったです。知ったのは、大学時代に所属していた某サークルの影響だと思われます。

 さて、何がいいかなーと適当に物色していたところ、ふと、子供のころチラッとだけ見たことのあるスレイヤーズのことを思い出しました。たぶん、あの頃見ていたのは劇場版のアニメで、無印とリターンだったかと思います。TV版は見てませんでした(;・∀・)。子供のころは基本、ジャンプアニメ路線でしたから……。

 そんなこんなで、第一巻をとりあえず購入しました。大学一年の頃です。
 その後、大学時代に全巻通して読んでおります。はい。今回は再読した感想となります。

 文体としては主人公、リナ視点の一人称で読みやすく、思っていたよりもグロい描写もありますが、全体としてコメディタッチで読みやすいと思います。世界設定にしても、くどくない程度に語られていています。ライトノベルで最初に読むならこれじゃね? といいたくなる作品です。



 ……ちなみに、以下はネタバレ込みです。

 主人公、リナ=インバース。彼女は格好良すぎます。

 自称美少女天才魔道士として、盗賊殺しやドラまたといった不名誉な二つ名をつけられながら旅をしています。悪人に人権はないと言い切り、野盗のアジトを壊滅させてお宝を没収します。実家が商人の家で、お金にはうるさいです。また、魔法おたくです。前半部の随所で見られます。ガウリイとの掛け合い漫才に定評があります。

 これだけ書くと何が格好いいの? と聞かれそうではあります。私がいいなと思ったのは魔王復活後の彼女の言葉。復活した魔王と、勝てる見込みはなくても、命を賭して戦う姿勢を見せるガウリイとゼルガディスに対し、リナが言います。

「勘違いしないでよ。あたしは『負けるとわかってはいるけど戦う』ってぇその精神がけしからん、と言ってるわけで、『負けるからやだ』なんぞと言ってるわけじゃないのよ。いい? たとえ勝てる確率が一パーセントほどだとしても、そーいう姿勢で戦えば、その一パーセントもゼロになるわ。
 ――あたしは絶対死にたくない。だから、戦うときは必ず、勝つつもりで戦うのよ!
 むろん――あなたたちも」

 ――後の短編でも垣間見れますが、彼女、安易な美談を許さないところがあります。
 つまり、周囲の安易な考えに流されることなく、自分自身の信念に基づいて行動できる。そういうことなんだと思っています。
 そこが、私が格好いいといったゆえんでもあります。
 まあ私自身が周囲の安易な考えに流されるタイプの人間なんですけどね(;´∀`)

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

イワイシ

Author:イワイシ
FC2ブログへようこそ!

私は、アルバイトしながら、正社員目指しています。アビバに通いつつ、主にマイクロソフトオフィス関連の資格取得を目指してます。
趣味は小説、漫画、アニメ、演劇、洋画鑑賞。それとニコニコ動画を見ることです。ときどき自転車であたりを駆け回ったり、散歩と称してうろうろしたり、唐突に腹筋や腕立てをしたりします。それと、自作小説を書きたいなと夢想しています。

つぶやき
    follow me on Twitter
    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    メンバータグ
    無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ
    スポンサードリンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。